スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

jazz piano trio


 
MASSIMO FARAO TRIO / ROMANTIC MELODY ★★★★☆
 
Massimo Farao (p)
Lorenzo Conte (b)
Boby Dorham (ds)
 
 
なかなか入手出来ずにいた1枚。正しくラウンジらしくロマンティックメロディ。アントニオファラオのほうを先に聴いていたのでファラオ名にはあまり大きな期待はしていなかってのですが・・・
泥臭さはまったく感じられずあらゆる楽曲をこの方の力量で料理します。個人的には是非手元に置いて頂きたい1枚。





スポンサーサイト

jazz piano trio


 
RANDY WALDMAN TRIO / TIMING IS EVERYTHING
 
Randy Waldman(p)
Brian Bromberg(b)
Vinnie Colaiuta(ds)

 
ジャズはもちろんのことAORとか色々なジャンルで活躍しているそうで。まぁそんなこんなも知らないなかジャケ買いなんですが・・・ なんか非の打ち所のない演奏とはこういうものなのかなって思いますが。軽快・爽快とでもいいましょうか指裁きはつまることなくスラスラ弾いちゃいます。綺麗なピアノで聴きやすい。

jazz piano trio


 
MARTIN SASSE TRIO / HERE WE COME
 
Martin Sasse(p)
Henning Gailing(b)
Hendrik Smock(ds)
 
 
割と近年のドイツ産。ドイツの音作りって少し硬いってイメージがありましたがこれは全体的にモダンで優しい感じがする。マッコイ・ハンコック・オスカーあたりに影響を受けたらしいですがこのアルバムはデビュー作にしてこの人の世界が伺えると思う。まさに here we come な1枚。

jazz piano trio


 
CHARLES BELL TRIO / IN CONCERT ★★★☆☆
 
Charles Bell (p)
Thomas Sewell (b)
William Harris Jr. (ds)
 
 
ジャケどうり真っ黒な1枚。初級編ばかり聴いているとそろそろこのあたりにも手を出してみたい。63年ライブ盤。選曲はスタンダードでラストは Take Five ♪で締めてます。Whisper Not ♪あたりを聴いていると単音の使い方が程よくモンクあたりを想像させますがこれは聴きやすい。

jazz piano trio


 
JIM MCNEELY TRIO / IN THIS MOMENT ★★☆☆☆
 

Jim McNeely (p)
Lennart Ginman (b)
Adam Nussbaum (ds)

 
この方もそうらしいですがジャズピアニストはやたら教員教師が多い気がしますが。作曲もしますし才能ある方なんでしょう。大御所のサイドマンとの経験もありスキルは十分。これ以前にもいい作品があるんですが、初心者的にはこのアルバムが聴きやすい。Danny Boy ♪はこの作品にもありますがピアノトリオ的にはなかなか難しい気がしますが未だ気に入ったものは拝聴したことがない。
プロフィール

jazz piano trio

Author:jazz piano trio
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。